猫、犬に食べさせてはいけない食品


猫や犬等のペットを飼っていると、つい自分の食べている物や

好きな食べ物を上げたくなる時が有ります。

また猫も自分では危険な食品の判断が出来ず

人間が与えれば何でも食べてしまいます。

 

しかし、ペットに与える食品には注意が必要です。

 

何故なら人間には無害でも、猫や犬にとっては

とても有害な食べ物が有るからです。

 

そんな猫、犬に与えてはいけない食べ物を紹介します。

 

 

■ 危険度5(MAX)

※ 絶対に与えてはいけない物

 

●ネギ類玉ねぎネギニラ、等

意外に思われるかもしれませんが、ネギ類は猫、犬などの小動物にとって

トップクラスに危険な食べ物です。

 

ネギ類に含まれる辛味などの刺激成分

(アリルプロピルジスルファイド)です。

この成分が血液中の赤血球を破壊して

溶血性貧血を引き起こす事が分っています。

 

いわゆる‶ ネギ中毒 ‶に状態になり、赤血球が破壊されてしまうことで貧血や血尿、重度の場合は急性の腎臓障害を起こします。

症状は嘔吐、下痢、食欲不振、行動力の減退、血尿、血便、黄疸

最悪は死に至る事も有ります。

 

ネギの有毒量の目安は1キロ辺り(20g)程度と言われています。

 

またネギ類の辛み成分が入った汁や、スープ等も

アリルプロピルジスルファイドが溶け込んでいるの、絶対に与えてはいけません。

 

 

■ 危険度4

葡萄(ブドウ) 

特に犬に対する症例が報告されており、急性肝不全、肝機能障害を引き起こす事が有ります。

これは2001年アメリカでのブドウ中毒の症例や

2010年日本でもブドウ中毒の症例が紹介されました。

ブドウ中毒の症状は、嘔吐、下痢、意識障害、最悪は死亡する事も有ります。

犬に対して症状が発生する事から、猫に対しても危険と言われています。

しかし具体的にブドウのどの成分が、ペットに対してどういった作用を起こすのかは、まだ良く解っていません。

 

 

■ 危険度3

● チョコレート

チョコレートの主成分であるカカオに含まれている

(テオブロミン)を分解する事が出来ず

テオブロミンが中枢神経に及んで、嘔吐や痙攣等を起こす事が有ります。

チョコレート中毒の症状は、嘔吐、下痢、痙攣、昏睡、最悪の場合は死に至る事も有ります。

チョコレートの致死量は1キロ辺り約(30g)と言われています。

成猫の平均体重が(5キロ)ですから

チョコレート150gが致死量となります。

 

150gとは、板チョコ3枚分にもなります。

成猫に関してはチョコレートを、そこまで食べる事は考えにくいです。

しかし子猫や、小型犬に関しては注意が必要です。

 

また、カカオ分が多いダークチョコレート等は

少量でも該当成分の含有量が高いので気を付けましょう。

 

 

また猫や犬等のペットに与える食事は

基本的に人間が食べている物を上げないようにする事が、大事です。

猫にはキャットフードを与えて、犬にはドッグフードを与える事が未然に危険な食品を与えない

ペットにとっての健康習慣という事が出来ます。

 

 

またこれらのペットにとっての危険食品以外の食べ物で有っても、人間が食べている食品は

ペットにとっては糖分、塩分が高すぎるので

代謝する事が難しいという事を念頭に置いておく必要が有ります。

 

 

 

最後に

代替甘味料である‶ キシリトール ‶が含まれている食品は

ペットに与えない様に気を付けましょう。

キシリトールは人間に対しては、強い甘みとは裏腹に

膵臓からインスリンが出ません。

 

しかしペット(特に犬)が摂取してしまうと、キシリトールに膵臓が強く反応してしまい、過剰にインスリンを放出してしまうので

低血糖状態になってとても危険です。

 

犬にとってのキシリトールの症状が発生する量は

1キロ辺りに(0.1g)と言われています。

 

キシリトールは他の食品に比べると、かなり少量でも危ないという事が分ります。

 

現在はクッキーやチョコレートなどのお菓子に

アセスファルムKや、アスパルテーム、キシリトール等が

含まれているので、ペットにお菓子を与えない様に気を付けましょう。

 

またペットの行動範囲にお菓子が在ると、食べてしまう事が有るので

 

菓子を棚に入れたりして

置きっぱなしにしない様に気を付けましょう。

 

 

● ペットに人間の食べ物を与えない。

● ペットの行動範囲に食べ物を放置しない。

● 万が一ペットが危険食品を食べてしまったら、すぐに動物病院に連れて行く。

 

ペットは今では大切な家族の一員です。

ペットの幸福な生活の為にも、与える食品には最新の注意を払いましょう。

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。